« 2月のレシピ…ショコラ食パン | Main | お取り寄せ…新福菜館の冷凍チャーハン »

Apple Watch Series 6

アップルウォッチを買い換えました。シリーズ4からシリーズ6への買い替えです。

 

シリーズ4でもバッテリーの持ち以外はこれと言って不満はなかったのですが、シリーズ6から血中酸素飽和度測定ができるようになったので、4を下取りに出して買い換えた次第です。新型コロナの重症化で注目されている血中酸素飽和度ですね!パルスオキシメーターは品薄だそうで…

 

血中酸素飽和度は一般的に96~99%が標準値とされ、90%以下の場合は十分な酸素を全身の臓器に送れなくなった状態(呼吸不全)になっていると判断されます。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き」では、新型コロナウイルス感染症患者の血中酸素飽和度が「96%以上」は軽症、「93%超〜96%未満」は中等症Ⅰ(呼吸不全なし)、「93%以下」は中等症Ⅱ(呼吸不全あり)と評価されています。

 

R0006215
R0006208

Apple Watchのヘルスケア機能はアップデートを重ねる度に進化していて、頼もしい限りです。ファームアップにより日本でも心電図測定、心拍計数測定による心房細動チェックができるようになりました。騒音測定や転倒検知、月経周期の記録、手洗いのチェックなども機能が備わっています。ストレス状態の判定、睡眠状態の記録なども可能になりました。

 

アップルウォッチで血圧がはかれる特許を申請中のようなので、そのうち血圧測定もできるようになると思われます。

 

アップルウォッチは高齢者のヘルスケアデバイスとしても注目されています。SIMを入れれば単体で電話としても使えるので、便利ですね!患者様もアップルウォッチを使っておられる方が増えたように感じます。

 

以前に診療を終えた90歳のおばあちゃんが、会計が済んだ後に時計に話しかけているのを見て何をしているのかとビックリしたのですが、それはアップルウォッチで、娘さんに迎えに来てもらうように電話しているとわかって感心したことがありました。

 

iPhoneの次期ファームウエアは、アップルウォッチをしていることが条件でマスクしていてもFace IDが使えるようになるそうです。ますます便利になるアップルウォッチですね!!

« 2月のレシピ…ショコラ食パン | Main | お取り寄せ…新福菜館の冷凍チャーハン »

Mac & iPhone」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

April 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
My Photo