« GWの診療について | Main | 5月のアロマ »

口腔乾燥症(ドライマウス)

「最近口が渇くことが多くて、口の中がネバネバするんです!」

と、定期健診に来られた患者様がおっしゃることがよくあります。高齢の患者様が多いかな?

口腔乾燥症(ドライマウス)と呼ばれるこの症状…唾液分泌低下だけでなく、単純に口の中が乾いていると感じる場合もこれに分類されます。

症状としては、口の中のネバネバ感、舌の先端や横がヒリヒリする、唇が渇く、むし歯の増加、歯茎からの出血、口臭などがあります。重度になると、舌表面のひび割れ、摂食障害、会話障害も現れます。

原因として

・薬の副作用(抗うつ剤、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤など)

・糖尿病

シェーグレン症候群

・年齢的なもの(口や顎の筋力低下や萎縮により唾液の分泌量が低下) 

・ストレスや緊張

・鼻の疾患による口呼吸(花粉症など)

更年期による多汗、頻尿も原因の1つと考えられ、エストロゲンの減少により粘膜が乾燥、自律神経のバランスが崩れ唾液が減少するケースもあります。

対策としては、まずは唾液腺マッサージでしょうか?リラクゼーションにも役立ちますので、ぜひお試してください。

 

で、ドライマウス…ただいま僕自身が実感中でして…

今年に入ってから花粉症がひどいこともあり、特に夜間のドライマウスがひどいです。また唾液分泌の減少も実感しており、歯の噛み締めなどにより歯の表面に鋭いところができて、そこに当たる舌の部位が痛みます。まさに「ドライマウス」…(笑)

その他思いあたる原因もあるので、ドライマウス対策をしてみようと思っております。ご提案できるような商品の紹介もできればと思っております(続く・・・)

« GWの診療について | Main | 5月のアロマ »

むらまつ歯科情報」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.