« 鶴甲小学校歯科検診前半終了 | Main | 入れ歯型の… »

エフゴーロク

面白い名前のカメラ雑誌です…「F5.6(エフゴーロク)」

F5.6とは、絞りの数値を表しています。明るい単焦点レンズでF2くらいの設定で撮影すれば背景がボケる写真になり、絞りの数値を大きくしていくと被写体深度(ピントが合っているように見える幅)が広くなり、たいていは画質もシャープになります。

ではこのエフゴーロクという数値は…

料理の写真などを撮影する場合は「とりあえずF5.6で撮っとこう!」という感じで、ある程度シャープに写るし、マクロレンズとかで寄って撮れば程よくボケます。オールマイティな設定…そんな感じでしょうか?

より開放に(F値を小さく)、またはより絞って(F値を大きく)料理などを撮影してみるのも、それはそれで面白いのですが、それを生かすにはちょっとした工夫が必要な気がします。まぁその工夫を考えてみるのが面白いのでしょうが…(^-^;

という事で、「エフゴーロク」で「エフゴーロク」の写真を撮ってみました(笑)

Dscf2663

« 鶴甲小学校歯科検診前半終了 | Main | 入れ歯型の… »

カメラ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
My Photo