« チビチビと行く沖縄旅行Part2…国際通りから第一牧志公設市場へ | Main | チビチビと行く沖縄旅行Part4…ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート »

チビチビと行く沖縄旅行Part3…首里城へ

国際通り観光も早々に切り上げて、次は首里城へ…今回はゆいレールの牧志駅から首里駅…そこからタクシーで首里城までワンメーター(なんと500円)というルートを使ったのですが…

Img_6352

実はこのルートはおすすめできません、あとでわかったのですが、国際通りから首里城までタクシーで1,000円くらいなのです。そうなるとゆいレールルートの方が移動時間も手間もお金もかかる事になります。タクシーの運転手さんが…

「内地の人はゆいレールやバスを使うけど、沖縄の人は全部移動はタクシーさぁ〜その方が絶対安上がりだよ〜内地とは物価が違うさぁ〜」

という言葉を痛感しました。那覇空港から首里城までも大人2人以上ならタクシーの方が安くなるかもという事です。首里駅から首里城までが結構距離があるので、その乗り継ぎを考えるとやっぱりタクシーがおすすめですね!

累積赤字107億円のゆいレールは、地元では厳しい評価のようです。

Img_6349

さて、首里城…琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城(グスク)…守礼門(しゅれいもん)から入城です。

Img_6354

世界遺産の園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)…琉球石灰岩で造られた建造物で、国王が外出するときに安全祈願をした礼拝所だそうで、神への「礼拝の門」ともいうべき場所との事です。

Img_6357

歓会門(かんかいもん)…首里城の城郭内へ入る第一の正門で、「歓会(かんかい)」とは歓迎するという意味である。往時、首里城へは中国皇帝の使者「冊封使(さっぽうし)」が招かれたが、こうした人々を歓迎するという意味でこの名が付けられた…

P1000877

漏刻門(ろうこくもん)…「漏刻(ろうこく)」とは中国語で「水時計」という意味である。ここは第三の門で、別名「かご居せ御門(うじょう)」ともいう…

P1000883_1

奉神門(ほうしんもん)…「神をうやまう門」という意味で、首里城正殿のある「御庭(うなー)」へ入る最後の門である…

P1000893

ここまでは無料で入れます。石段を歩いて上がりますが、ベビーカーを押して上がれるスロープの迂回路があるので、ベビーカーと一緒でも問題ありません。曇り空でしたが、それでも汗だくです!曇りで良かったかも?沖縄の景色は、特徴的ですね…

Img_6370

屋根が特徴的です。ちなみに沖縄のお墓には屋根が付いていました。

P1000884

ここからは有料エリアです。

Img_6375_2

基本的にベビーカーで入る事ができますが、場所によっては入れないところがあります。ベビーカーを置いて見学できるようなところもあるので、子連れでも大丈夫ですね!

P1000897

P1000906

正殿は迫力があります。

P1000931

Img_6377

Img_6383

Img_6387

お土産もの売り場も最後にあり、首里城にまつわるお土産なども充実していました。

日本3大がっかりと言われている守礼門・首里城ですが、結構面白かったです。シーサーの歴史などを夏休みの自由研究のテーマにしている娘は、あちこち写真を撮りまくっていました(^-^;

続く…

(首里城の説明などは、首里城のホームページから引用)

« チビチビと行く沖縄旅行Part2…国際通りから第一牧志公設市場へ | Main | チビチビと行く沖縄旅行Part4…ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート »

おでかけ情報」カテゴリの記事

子育て関係」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
My Photo